ウェブ、SEO、時事について


by yoshiomi5337
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:IT( 19 )

カスタマイズメモ

/data/class/db/dbfactory/SC_DB_DBFactory_MYSQL.php
 クラス:SC_DB_DBFactory_MYSQL
 メソッド:viewToSubQuery()
上記メソッドで返している配列のうち、キー'vw_products_allclass'に割り当てられた要素を以下のように変更。

366~437

"vw_products_allclass" => '
(SELECT T1.product_id,
product_code_min,
product_code_max,
price01_min,
price01_max,
price02_min,
price02_max,
stock_min,
stock_max,
stock_unlimited_min,
stock_unlimited_max,
del_flg,
status,
name,
comment1,
comment2,
comment3,
main_list_comment,
main_image,
main_list_image,
product_flag,
deliv_date_id,
sale_limit,
point_rate,
sale_unlimited,
create_date,
deliv_fee,
rank
,(SELECT rank AS category_rank
FROM dtb_category AS T4
WHERE T1.category_id = T4.category_id) as category_rank
,(SELECT category_id AS sub_category_id
FROM dtb_category T4
WHERE T1.category_id = T4.category_id) as category_id
FROM (SELECT T0.product_id,
T0.del_flg,
T0.status,
T0.name,
T0.comment1,
T0.comment2,
T0.comment3,
T0.main_list_comment,
T0.main_image,
T0.main_list_image,
T0.product_flag,
T0.deliv_date_id,
T0.sale_limit,
T0.point_rate,
T0.sale_unlimited,
T0.create_date,
T0.deliv_fee,
T00.category_id,
T00.rank
FROM dtb_products AS T0
LEFT JOIN dtb_product_categories AS T00
USING (product_id)) AS T1
RIGHT JOIN (SELECT product_id as product_id_sub,
MIN(product_code) AS product_code_min,
MAX(product_code) AS product_code_max,
MIN(price01) AS price01_min,
MAX(price01) AS price01_max,
MIN(price02) AS price02_min,
MAX(price02) AS price02_max,
MIN(stock) AS stock_min,
MAX(stock) AS stock_max,
MIN(stock_unlimited) AS stock_unlimited_min,
MAX(stock_unlimited) AS stock_unlimited_max
FROM dtb_products_class GROUP BY product_id) AS T2
ON T1.product_id = T2.product_id_sub
) ',




上記を以下に変更↓




"vw_products_allclass" => '
( SELECT
T1.product_id,
product_code_min,
product_code_max,
price01_min,
price01_max,
price02_min,
price02_max,
stock_min,
stock_max,
stock_unlimited_min,
stock_unlimited_max,
T1.del_flg,
status,
name,
comment1,
comment2,
comment3,
main_list_comment,
main_image,
main_list_image,
product_flag,
deliv_date_id,
sale_limit,
point_rate,
sale_unlimited,
T1.create_date,
deliv_fee,
T1.rank,
T4.category_rank,
T4.category_id
FROM
(
SELECT *
FROM
(
SELECT
product_id,
MIN(product_code) AS product_code_min,
MAX(product_code) AS product_code_max,
MIN(price01) AS price01_min,
MAX(price01) AS price01_max,
MIN(price02) AS price02_min,
MAX(price02) AS price02_max,
MIN(stock) AS stock_min,
MAX(stock) AS stock_max,
MIN(stock_unlimited) AS stock_unlimited_min,
MAX(stock_unlimited) AS stock_unlimited_max
FROM dtb_products_class
GROUP BY product_id
) AS T0
LEFT JOIN dtb_products USING (product_id)
) AS T1
INNER JOIN
(
SELECT
T2.product_id,
MAX(T2.category_id) AS category_id,
MAX(T3.rank) AS category_rank
FROM dtb_product_categories T2
INNER JOIN dtb_category T3 USING (category_id)
GROUP BY product_id
) AS T4
USING (product_id)
)',
[PR]
by yoshiomi5337 | 2009-05-03 22:01 | IT
以前こんな記事をかきましたが「サブドメインでのサテライトサイト」今日は SEO、SEMの面からみたサテライトサイトについて考えてみました。

私は、ウェブ販売のために今メインサイトを抜きに3つサイト3つのブログを運営しています。3つのサイトはサブドメインで作成(モバイル用も含めて)しています。サブドメインサイトは、ブログ形式をホームページの形にしています。

サブドメインとは例えば

メイン http://www.example.com だとします。

サブドメイン http://blog.example.com や http://sample.example.comなどです。

これはほとんどのサーバーにて作成できます。
ではなぜサブドメインで作成するか?です。無料のブログサービスでよいじゃないか?という意見がありそうですが、私的にはこうです。


まず最初にサイトボリームを考えました。どうしてもウェブで販売しているとサイトのネタがなくなり、サイトのボリュームが定着しがちです。そんなサイトにボリュームを持たせるためにサブドメインにてブログ形式のホームページを作りました。


次にサイトのカスタマイズを自由にできるです。エキサイトやアメーバなど多くありますが、必ずといっていいほどカスタマイズが難しい、使えるスクリプトが限られている、外部リンクなどが外せないなどいくつも自由が制限されます。

最後にサイトを運営していると詳しくある項目だけを紹介したいということがでてくると思います。そんな時サブドメインで運営し集客し、メインに呼び込むということもできると思います。



上記の理由で私はワードプレスなどの自動インストールを使用しています。カスタマイズも簡単PHPも分かりやすくカスタマイズでき、しかも無料。

ですがもちろん無料サービスブログにもメリットがあると思っています。このブログはエキサイトブログですが、SEOを駆使し上位表示しなくてもブログに人が集まりやすいというメリットです。またSEOの点から考えるとエキサイトのサブドメインということで上位表示されやすいというのもあるかもしれません。(現在無料ブログが上位表示されやすいかは分かりませんが)



私がおすすめするのは起業のブログは自サーバーで、個人のブログは無料ブログで運営するのが一番いいと思います。
サブドメインの作り過ぎには注意しましょう。同じ項目で作成するとミラーサイトなどのスパムサイトとしてペナルティーを受けるかもしれません。
[PR]
by yoshiomi5337 | 2008-11-18 20:30 | IT
中小企業診断士が開催したセミナーに本日行って参りました。
場所は商工会議所2階

場所を間違え、最初振興会館にいってしまいましたが、30分遅れで到着。
演題もわからずまま聞き入ってみるとGoogleのサービスの紹介など知っているものばかりでしたが、第一印象は「話し方が上手、好感の持てる雰囲気」という人でした。さすがアナウンサー養成講座に参加しているだけあります。
落ち着いた雰囲気でハキハキと話、最後に笑顔を入れるという感じです。創造つきました?

人物の話ばかりになっていますが、話を戻します。
内容は売れるウェブサイトの作成術ですが、SEO、SEM、PAGERANKなど初心者にはなんのことやらって感じのことだと思います。
コンサルするサイトが20億も売り上げをあげているという紹介がありました。コンタクトレンズが年商20億もあるのか・・とビックリしましたが、楽天サイトなど11のサイトを運営し、店長を教育していることを聞くとなるほどって思う部分もありました。

しかし、参加した方たちが知りたかったのは少し違うのではと感じました。ウェブサイトも持っていない方が、参加している中、SEO、SEMの以前の問題だと思いました。
箱の中身を知りたい人ばかりいるなかで箱の外の話をしているのです。
まぁどんな方が参加するか把握できないのでしょうがないと思いますが。あとは商工会議所さんにお任せします。

ウェブ経由で約5兆円市場

ウェブサイトでの売り上げが毎年増加の傾向に向っているそうです。135兆ある小売業界の4%の約5兆円がインターネット経由だそうです。またインターネット利用者が20%づつ増加しているようです。20%づつ市場がUPってことは勝ち負けの差もずいぶんとでてくるでしょう。

大企業はウェブに力を入れ多くの業界に参加し始めています。中小の企業はウェブ上では会社規模は関係ないためもっとITを利用し売り上げをのぼすべきです。
小さければ小さいほど小回りがきくとおっしゃっていましたが、まさにその通りだと感じています。
基本は「よりよいコンテンツを作り多くの方にみてもらい良いサービスを提供し、アフターケアを欠かさない」は変わりませんね。
私も初心に戻って頑張ります。
[PR]
by yoshiomi5337 | 2008-11-18 19:58 | IT
EC-CUBEってご存知ですか?
オープンソースでかなり便利です。
カスタマイズして自分なりのECサイトが作れます。
しかもHTMLやスタイルシートの知識があるだけでネットショップが作れます。

モバイル用も自動で生成してくれます。PHPスクリプトで書かれてるので少し勉強するとソースが読めると思います。カート機能もしっかりしていて、また会員登録、ポイント機能、顧客管理さまざまな機能が標準でついています。
もちろん無料ですよ。

利用しないてはありませんね。約1000商品くらい登録すると重くなるらしいですが、そんな大規模なサイトはすくないのでほとんどの人は大丈夫でしょう。

こちらが公式サイトです。
http://www.ec-cube.net/

c0126748_193157.gif



マニュアルサイト
http://wiki.ec-cube.net/

ダウンロードしてインストールするか、サーバーによっては標準で自動にインストールしてくれるレンタルサーバーもあります。みなさんのは自動でついていますか?

3クリックくらいでインストールできるので導入してみてはいかがですか?
まだ共有SSLには対応していないみたいです。残念
[PR]
by yoshiomi5337 | 2008-11-11 18:59 | IT

新しいサイトの作成

現在は新たなサイトを作成しています。
ポータルサイトとECサイトの組み合わせを検討しています。
なかなか取材が行えない状態ですが、頑張って今年中には完成させる予定です。

ECサイトの方はEC-CUBEで作成中ですが、PHP、データーベスがあまり知識が無く、難しいところです。
少しづつご報告したいと思います。

SEOのお話ですが、最近は良くSEO関連の業者から良く営業の電話がかかってきます。広告も同じですが・・・
SEO関連の内容はバックリンク1000を張り年間36万など、さまざまです。月3万で狙ったキーワードで上位表示できるならまぁいいかもしれませんが、できるだけセルフでSEOは行いたいところです。成果報酬なんて良くいわれますが、成果報酬もなにもそりゃアンカーテキストバリバイで1000や10000サイトからリンクを張ればスパムと思われないかぎり上位はいくでしょう。

しかし永遠の上位ではないのです。契約が切れたらまた順位ダウンなんですよ。結局ずっと払い続けなければならなくなるんです。それを考えるとSEO業者には任せられません。まぁ資金もそこまでかけれませんが・・

みなさんにもSEO業者から営業きますか?
[PR]
by yoshiomi5337 | 2008-10-10 22:15 | IT

やはり復帰 昨日の続き

本日早朝には、やはり順位が復帰していました。

毎回このことの繰り返しですが、原因はわかりません。
検索結果ページから消えたと思って数日、数時間後にはまた復帰するといった現象はYahoo!しかない現象ですが、YSTはどんなシステムになっているんでしょうかね・・・


また不思議な現象が起こり次第報告いたします。
[PR]
by yoshiomi5337 | 2008-09-22 21:50 | IT
c0126748_046461.gif

Google Chrome (BETA)を本日使ってみた印象をお伝えします。

まず、軽いです!

Gmail、アナリティックスなど他のブラウザなど相手になりません。
非常に早いですね。

また使いやすさですが、トップはカスタマイズ可能みたいです。なので色々たのしめそうですね。

一つだけ心配なのはクエリなどの情報が流れているんじゃないかと思いました。
[PR]
by yoshiomi5337 | 2008-09-05 00:47 | IT

何かできることは?

c0126748_2321754.jpg奄美も盆が終わりました。
まぁ私にはあまり関係がありませんが...私の友人もホームページを立ち上げ、売り上げを伸ばそうと頑張っています。

そこで一から、seo、サイト構成などを学んでいます。

いつも色々雑談を混ぜながら、サイトのことなど話しているのですが、これが、お互い勉強になるんです。

そこで奄美大島経済のためとは、大げさですが、奄美に在住でサイトを上位表示したいと思っている方、売り上げを上げたいと思っている方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

よいアドバイスはできるかは分かりませんが、少しはお役にたてると思います。

私も当初は、誰にも話せず、またなかなか順位が上がらず悩んでいました。

もちろんお金なんていりません。仕事が休みの時などに活動できる輪を作ろうと思います。

全国で戦えるウェブサイトにしましょう。


下記のコメント欄からご連絡ください。
[PR]
by yoshiomi5337 | 2008-08-16 18:13 | IT

カテゴリ登録

無事、自サイトがyahooのカテゴリに登録されました。

結構厳しい基準で手を焼きました。ふぅ~

 薬事法など基準を把握し、文をすべて見直し改善、改善の繰り返しでした。
登録にはお金がかかりますが、自サイトは高い方の審査料でした。
さすがに二度は無いと覚悟しながら、申請フォームを記入するときには、ドキドキでしたね。
なぜならば、「必ず登録してくれる」ではないからです。


残念なことに5%のサイトがお金を払っても、登録をされていません。
これは多いとも少ないとも言えません。お金でyahooからリンクを買っているみたいなものなので、お金を払ってもなににもならないって、悔やんでも悔やみきりません。


yahooも最初はカテゴリ登録は無料でした。これはビジネスの運営の仕方でしょうが、最初は無料で、サイトが人気になり多くの方に使っていただけるようになると、使用料をいただくようになります。多くのサイトがそんな感じです。

yahooのカテゴリはこちら

では登録されるとどうなるか?


登録されるとアクセス数は飛躍的に伸びます。


数倍、数十倍になります。また被リンクによりSEOにもなります。

サイトを運営している方は、yahooに登録するか、しないか迷うと思いますが、必ずとは言いませんが、登録されて悪いことは、ひとつもありません。

ただお金がかかるということがネックですが頑張って登録しましょう。



私が感じる最近のyahooのYSTの傾向ですが、yahooに登録しなくても全然上位に表示は可能だと思います。基本的なサイトの構成、h1,h2など脱テーブルなどを行うと普通に上位に表示されます。

しかし、googleは良質な被リンクを得る事ができないと、少し難しいと思っています。

最後に、私が最近学んだSEOを紹介します。

それは、リンクに rel="nofollow を使って、自サイト内のページランクを調整するということを知りました。
(もちろん外部リンクには使ってはいけません)

まだまだ結果は見えてきませんが、理論的には納得して行ったことなので少しずつ結果がでてくると思っています。

初歩のSEOですが、やってみてはいかがでしょうか?






感謝
[PR]
by yoshiomi5337 | 2008-05-31 22:08 | IT
今日読んだITの記事を紹介します。
みなさんは表計算や文書作成、プレゼンテーション作成(Word.Excel.Powerpoint)などさまざまな仕事で使ったりしていると思いますが、今日みた記事では、Googleがそれに変わるかもしれない??新しいサービスをはじめたみたいです。(もちろん無料

「Googleドキュメント」詳細

文書を複数ユーザーで共有できる点。文書を編集しながら、共有相手とチャットができる機能もある。Gmail等とのサービス連携機能も備えている。マクロ機能などは備えていないが、表計算では関数も意外に豊富で、基本的な使い方しかしないなら、Googleドキュメントだけで十分という人も少なくないだろう。


使い方

 Googleドキュメントを利用するには、Googleアカウント(Gmailのアカウントと同じ)を利用してログインする。

 まず表示されるのが、Googleドキュメントのホーム画面。GoogleドキュメントはWordに相当する「文書」、Excel相当の「スプレッドシート」、PowerPoint相当の「プレゼンテーション」をまとめたものだが、3種のドキュメントをすべてここで管理する。

 新規作成、削除、検索といった作業のほか、PCからのアップロード、ダウンロード(エクスポート)のメニューもある。アップロードできる文書はWord、Excel、PowerPoint文書(2007形式は未対応)のほか、プレーンテキスト、HTML、RTF、CSVなど。ファイル容量や文書の規模に制限があるので、あまりに大きな文書はアップロードできない場合がある。

 ダウンロードの際には、Word、Excel、PowerPoint文書やPDF(文書、スプレッドシート)、HTML(文書、プレゼンテーション)などの形式に対応している。Excel文書をアップロードしてGoogleドキュメント上で加工し、PDFとしてダウンロードする、といったことも可能だ。


残念ですがOfficeとの互換性はあまり期待しないほうがいいみたいです。
インターネットは、ますますGoogleの世界になっていってますな~。
みなさんはyahoo派?それともGoogle派?あ!その他(笑)
日本では75%yahooですからね~。自分はサクサク感がたまらないGoogle派です。



感謝
[PR]
by yoshiomi5337 | 2008-05-09 19:31 | IT